banner

サイトマップ

自動車税について

廃車や買取り時における自動車税について

廃車をした場合や買取りをしてもらった場合における自動車税の扱いについて、運輸支局でどういった手続きを取ったのかによってこの税金の扱いが変わってきてしまいますので、業者側とよく話をしておく必要があります。

具体的には、まずその自動車の名義をどうするのかについてですが、まず売った側からすれば一番いいのは抹消登録を行ってもらうのが一番良いとされます。この場合であれば、抹消登録をした月までを納税するようになりますから、抹消した月の翌月から次の3月までを月割りにした税金を還付という流れになります。もし滞納していた場合には抹消登録月までの月割りで納税をすることになりますので、滞納している期間が長い場合には課税元の都道府県税事務所などに電話等で確認して、どうすればいいのか確認をしてみるのが良いと言えます。

また、自動車の廃車をする場合には、ただ単にその自動車を鉄くずつまりスクラップにしただけでは、この税金の課税は止まりません。必ず正式に処理をする必要があります。それは運輸支局で自動車の抹消登録を行うことです。

この抹消登録には自発的に行う抹消登録手続きが2種類と、運輸支局側で行う抹消登録手続きとの合計3種類があります。自発的に行う抹消登録については、一時抹消と永久抹消とがあり、いずれの場合でも抹消登録には違いはありませんので、自動車税は月割りで還付あるいは減額という話になります。廃車手続きと一般的に言われているのはこの手続きを指して言います。

自動車の買取り時にもし自動車税を少しでも回収したいと考えれば、買取りをした業者に対して抹消登録を行ってほしい旨きちんと伝達することが大切です。業者側からすればその後に中古車新規登録を行えばよく、ナンバープレートなども変更となるので、前所有者からすれば気分的にも違うと考えられています。

また、業者に依頼した場合にはこの廃車手続きができているのかどうかを後日確認をする必要もあります。

もし手続きができていないのであれば速やかに手続きを行うように促す必要があります。廃車にしろ名義変更にしろ、それがなされていない状況は税金の面でも次の年度また課税されてしまう事になりかねませんし、新しい所有者が名義を変更せずに交通事故などを起こした場合にあっては、車検証上の所有者にその責任が問われる可能性が十分にあり得ますので、名義変更なり廃車なり正式な手続きを迅速に行うように促す必要があります。

Copyright(c) 2014 廃車を高価買取してもらうための方法を学ぶ All Rights Reserved.